SSブログ
司法書士試験・民法 ブログトップ
前の10件 | -

いよいよ相続編! [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)


 おはようございます!

 昨日、6月30日(火)は1年コースのみなさんの民
法の講義でした。

 お疲れさまでした!

 今回は、前回の続きの利益相反など親族編の残りを
解説し、途中から相続編に入りました。

 今回の講義では、特に利益相反、相続人の範囲と相
続分の計算が特に大事でしたね。

 利益相反は、不動産登記法でよく問題となります。

 ですので、まずは、利益相反とはどういうものかと
いう基本的なところをよく理解しておいてください。

 そして、相続分の計算ですね。


 ここを学習する際には、条文もきちんと参照するこ
とが大事です。


 そして、相続人をしっかりと特定できるようにして
いってください。


 ここを間違えると、相続分の計算が狂ってきてしま
いますからね。

 相続分の計算は、記述式の問題を通じて理解を深め
ていく感じとなります。

 ですので、今はテキストなどの事例を元に基礎をしっ
かりと固めておいてください。


 直前期のみなさんも、この時期だからこそ、改めて
よく見直しておいて欲しいと思います。


 では、過去問です。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1

 未成年後見も、成年後見も、一人であることを要し
ない(平22-21-オ)。


Q2
 Aには子B及びCがおり、Bには子Dがいる、Aが
死亡し、Bは、相続を放棄した。この場合、Dは、B
を代襲してAの相続人となる(平23-22-エ)。

Q3
 Aには子B及びCがおり、Bには子Dがおり、Dに
は子Eがいるが、Cには配偶者も子もおらず、また、
Aを除き生存している直系尊属もいない。A、B及び
Dが死亡した後に、Cが死亡した。この場合、Eは、
B及びDを代襲せず、Cの相続人とはならない
(平23-22-オ)。

Q4
 Bは、被相続人Aの養子であったところ、Aより先
に死亡したが、Cは、この養子縁組の前に出生してい
た。この場合、Bの実子であるCがBを代襲してAの
相続人となる(平8-21-オ)。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


民法・昨日の講義の急所 [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)


 おはようございます!

 昨日、6月28日(日)は1年コースのみなさんの民
法の講義でした。

 みなさん、お疲れさまでした!

 昨日の講義では、前回の続きの氏の問題から婚姻に
関する全般。

 そして、実子や養子などの親子関係、親権の途中ま
でを解説しました。

 特に大事なところとしては、財産分与や内縁、嫡出
推定や縁組障害といったところでしょうか。

 細かい数字なんかも出てきましたが、条文を確認し
ながら丁寧に復習しておいてください。

 このあたりは、でるトコを通じて復習すると効率が
いいと思います。

 では、過去問です。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 母の婚姻が成立した日から200日後に出生した子に
ついて、母の夫は、母が死亡しているときは、検察官
を被告として嫡出否認の訴えを提起することができる
(平9-18-イ)。

Q2
 認知は、認知をした父が子の出生の時にさかのぼっ
て効力を生じさせる旨の別段の意思表示をした場合を
除き、認知をした時からその効力を生ずる(平27-
20-ア)。

Q3
 他人の子を実子として届け出た者が、その子の養子
縁組につき代わって承諾をしたとしても、当該養子縁
組は無効であるが、その子が、満15歳に達した後に、
当該養子縁組を追認すれば、当該養子縁組は当初から
有効となる(平19-22-エ)。

Q4
 配偶者のある者が未成年者を養子とするには、原則
として、配偶者とともに縁組をしなければならないが、
配偶者の嫡出である子を養子とするときは、単独で縁
組をすることができる(平13-20-イ)。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


民法・昨日の講義の急所 [司法書士試験・民法]





 おはようございます!

 昨日、6月23日(火)は、1年コースの民法の講義
でした。

 みなさん、お疲れさまでした!

 昨日は、途中から親族編に入り、婚姻障害や婚姻の
取消しなどを中心に解説しました。

 この中では、婚姻障害と婚姻の取消し
が重要ですね。

 婚姻の取消しでは、遡及するのかどうか、その効果
をよく確認しましょう。

 そして、取消権者をよく整理して欲しいですね。

 氏の問題も大事ですが、今回は途中まででしたので、
次回への引き続きですね。


 では、過去問です。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 Aが運転する自動車とBが運転する自動車とが衝突
した事故によって、Aは首を負傷したが、Aは平均的
体格に比べて首が長く、Aには頸椎の不安定症という
身体的特徴があった。この身体的特徴が疾患と評価す
ることができるようなものではなかった場合、裁判所
は、このようなAの身体的特徴を考慮して、損害賠償
の額を減額することはできない(平28-19-イ)。

Q2

 婚姻によって氏を改めた夫は、妻の死亡によって婚
姻前の氏に復するが、その死亡の日から3か月以内に
届け出ることによって、死別の際に称していた妻の氏
を続称することができる(平23-20-ア)。

Q3
 A男とB女について婚姻の届出がされている場合に
おいて、未成年者であるB女の父母がいずれも婚姻に
同意していなかったときでも、B女の父は、A男とB
女の婚姻を取り消すことができない(平20-21-ア)。

Q4
 AとBが婚姻中に、BとCが婚姻した場合において、
Cの親族は後婚の取消しを請求することができるが、
Aの親族は後婚の取消しを請求することができない
(平4-16-イ)。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら


民法・昨日の講義の急所 [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)


 おはようございます!

 ジャイアンツ、開幕三連勝!

 気持ちのいい朝です。

 そして、昨日、6月21日(日)は1年コースのみな
さんの民法の講義でした。

 みなさん、お疲れさまでした!

 昨日は前回の保証債務の続きから、債権者代位権、
詐害行為取消権、不法行為などを解説しました。

 なかなかのボリュームではありましたね。

 今回の中で特に優先度の高いのは、債権者代位権と
詐害行為取消権でしょう。

 中でも、詐害行為取消権は、テキストの事例を元に
理解していくといいと思います。

 また、その際には、テキスト1の基本編も一緒に確
認するようにしてください。

 では、過去問です。

 今回も、一部、過去問以外の確認問題を含みます。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問等)

Q1(確認問題)
 詐害行為取消請求に係る訴えの被告は誰か?

Q2(確認問題)
 債権者を害することについて受益者が善意の場合、
債権者は、悪意の転得者に詐害行為取消請求をするこ
とができるか?

Q3(過去問)
 共同相続人の間で成立した遺産分割協議は、詐害行
為取消権の行使の対象とすることができる(平20-
18-ア)。

Q4(過去問)
 相続人の債権者は、その相続人がした相続の放棄の
申述を詐害行為として取り消すことはできない
(平12-19-オ)。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


民法・昨日の講義の急所 [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)


 おはようございます!

 昨日、6月16日(火)は、1年コースの民法の講義
でした。

 みなさん、お疲れさまでした!

 昨日の講義では、前回の続きの相殺から連帯債務を
中心に、保証債務の途中までを解説しました。

 連帯債務では、絶対効・相対効を中心に、求償関係
や保証債務との比較が聞かれやすいですね。

 絶対効が生じるものについては、条文でしっかりと
その場合の効果も確認にしてください。

 混同があったらどうなるか、とかですね。

 また、絶対効に関しては、連帯債権との比較も大事
になってきます。

 そのあたり、よく復習しておいてください。

 保証債務については、次回の講義に続きます。

 では、過去問です。

 今回は、過去問以外の確認問題も含みます。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問等)

Q1
 連帯債務者の1人に生じた事由が他の連帯債務者に
も効力が及ぶもの(絶対効が生じるもの)として、ど
のようなものがあるか?(確認問題)

Q2
 債権者に対して債権を有する連帯債務者が相殺を援
用しない間、他の連帯債務者は、その債権をもって相
殺することができるか?(確認問題)

Q3
 複数の者が連帯して金銭債務を負っている場合にお
いて、債務者の一人が死亡して、その債務者について
複数の者が相続をしたときは、当該金銭債務の債権者
は、共同相続人の一人に対して当該金銭債務の全額の
支払を請求することができる(平22-23-ア)。

Q4
 連帯債務者のうちの一人が時効の利益を放棄した場
合には、他の連帯債務者にもその時効の利益の放棄の
効力が及ぶので、他の連帯債務者も、時効の援用をす
ることができなくなる(平24-6-オ)。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


民法・昨日の講義の急所 [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)


 おはようございます!

 梅雨らしくといいますか、昨日も雨でしたね。

 そんな昨日、6月14日(日)は1年コースのみなさ
んの民法の講義でした。

 みなさん、お疲れさまでした!

 昨日は、午前の講義では、前回の続きの寄託契約か
ら契約の成立や同時履行の抗弁権、契約の解除などを。

 午後の講義では、債権譲渡と相殺の途中までを解説
しました。

 いずれも大事なテーマばかりだったのですが、中で
も試験によく出るのは債権譲渡です。

 債権譲渡については、対抗要件と譲渡制限の意思表
示の2つに分けることができます。

 特に出題実績が高いのは対抗要件なので、ここをま
ずは優先的に復習しておきましょう。

 譲渡制限の意思表示は、改正部分ですね。

 ここは、譲受人が譲渡制限の意思表示につき悪意ま
たは重過失であっても、債権譲渡自体は有効である。

 その点をまずは明確にしましょう。

 その上で、譲受人が悪意・重過失の場合の処理など
を、一つずつ整理していくといいでしょう。

 このほかのテーマも、でるトコなどを利用しながら
じっくり復習していただければと思います。

 では、過去問です。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 債権の譲受人は、譲渡人に代位して、当該債権の債
務者に対する債権譲渡の通知をすることができる
(平29-17-ア)。

Q2
 AのBに対する債権が、AからCとAからDとに二
重に譲渡された場合において、それぞれ確定日付のあ
る証書によりその旨の通知がBにされたときは、Cと
Dとの間の優劣は、それぞれの確定日付の前後によっ
て決せられる(平4-5-4)。

Q3
 AがBに対する金銭債権をCに譲渡した後、その債
権をさらにDに譲渡した。AからCへの譲渡について
も、AからDへの譲渡についても、確定日付のある通
知がされ、それらが同時にBに到達した場合、Bは、
Cの請求に対し、同順位のDがいることを理由に債務
の弁済を拒むことはできない(平9-5-エ)。

Q4
 確定日付のない通知を受けた債務者が当該譲受人に
弁済をした後に、債権者が当該債権を第二の譲受人に
譲渡し、債務者が確定日付のある通知を受けた場合、
第二の譲受人は、債務者に対し、当該債権の支払を請
求することができる(平14-17-オ)。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


民法・昨日の講義の急所 [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)


 おはようございます!

 昨日、4月9日(火)は、民法の講義でした。

 みなさん、お疲れさまでした!

 昨日は、前回の続きの委任から寄託の途中までを解
説しました。

 昨日の講義のテーマは、いずれも出題頻度としては
どちらかといえば低いものばかりではあります。

 ただ、いくつか細かな改正があった部分ではあるの
で、条文はきちんと確認しておくべきです。

 その際、でるトコもしっかり活用してください。

 そして、サッと復習をしたら、むしろ売買や賃貸借
の復習を優先するといいと思います。

 では、過去問です。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 委任契約又は請負契約の当事者の一方による解除は、
将来に向かってのみその効力を生ずる(平30-19-エ)。

Q2
 委任契約又は請負契約は、書面でしなければ、その
効力を生じない(平30-19-イ)。

Q3
 請負契約においては、請負人が仕事を完成しない間
は、注文者は、いつでも、請負人に生じた損害を賠償
して、契約を解除することができる(平25-19-ウ)。

Q4 
 使用貸借は、委任と同様に、当事者のいずれか一方
の死亡によって終了する(平24-18-イ)。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


債権編に突入! [司法書士試験・民法]


 おはようございます!

 昨日、6月7日(日)は、1年コースのみなさんの
民法の講義でした。

 みなさん、お疲れさまでした!

 昨日から、いよいよ債権編に入りました。

 昨日の講義では、午前と午後を通じて、売買と賃貸
借を中心に解説しました。

 売買では、主に担保責任が重要ですがが、ここは、
改正で大きく変わったところです。

 もちろん、過去問がまだありませんので、こういう
ところこそ、でるトコをフル活用してください。

 まずは、担保責任の制度趣旨をよく理解することが
大事ですね。

 そして、履行の追完請求権の内容、代金減額請求の
内容を整理していってください。

 次に、賃貸借は、売買と並ぶかそれ以上に、債権編
では頻出のテーマです。

 改正によって、条文も変わったり追加されたりして
います。

 条文を丁寧に読みながら、じっくり復習を繰り返し
ていってください。

 では、過去問です。

 売買については、でるトコで復習してください。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 Aは、その所有する甲土地をBに賃貸し、Bが賃借
権について対抗要件を具備した後に、Cに対して甲土
地を譲渡した。この場合、Aが有していた賃貸人たる
地位は、賃借人のBの承諾がなくても、当然に譲受人
のCに移転する(平28-18-イ)。

Q2 
 Aが自己所有の甲建物をBに賃貸して引き渡した場
合において、Aが甲建物をCに譲渡したが、まだCが
甲建物について所有権の移転の登記をしていないとき
は、Bは、Aに対して賃料を支払わなければならない
(平18-19-ア)。

Q3
 Aは、その所有する甲土地をBに賃貸した。その後、
AからCへの甲土地の譲渡に伴ってAの賃貸人たる地
位がCに移転し、AからCに対する所有権の移転の登
記がされたときは、BがAに対して交付していた敷金
は、敷金契約を締結した相手方であるAに対して請求
する(平28-18-オ)。

Q4
 原賃貸人の承諾を得て建物の転貸借が行われた場合
には、転借人は、原賃貸人に対し、雨漏りの修繕など、
建物の使用及び収益に必要な行為を求めることができ
る(平23-18-ア)。 

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら


民法・昨日の講義の急所 [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)


 おはようございます!

 昨日、6月2日(火)は、1年コースの民法の講義で
した。

 みなさん、お疲れさまでした!

 昨日の講義では、先取特権と譲渡担保を中心に解説
をしました。

 中でも、譲渡担保は、近年、よく出題されます。

 ここは、もっぱら判例を学習することになります。

 テキストで事案を整理したら、早めに、でるトコを
通じて理解を深めていくといいですね。

 端的に、結論をよく理解しておく感じで進めていく
といいと思います。

 とはいえ、譲渡担保は応用的なテーマです。

 抵当権や質権などの典型担保の理解が前提というと
ころでもあります。

 ですので、まずは、抵当権や留置権、質権などの復
習を優先するといいと思います。

 焦らず、じっくりと理解を深めていってください。

 では、過去問です。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 動産売買の先取特権の目的物である動産が第三者に
売却された場合には、その引渡しが占有改定の方法に
よりされたときであっても、先取特権者は、その動産
に対して先取特権を行使することができない(平28-
11-ウ)。

Q2
 Aがその所有する動産甲を目的とする譲渡担保権を
Bのために設定し、占有改定による引渡しをした後、
AがCに動産甲を譲渡し、占有改定による引渡しをし
た場合、Bは、Cに対し、動産甲についての譲渡担保
権を主張することができない(平27-8-イ)。

Q3
 土地の賃借人がその土地上に自ら所有する建物を譲
渡担保の目的とした場合には、その譲渡担保の効力は、
土地の賃借権には及ばない(平29-15-エ)。

Q4
 譲渡担保権設定者は、譲渡担保権者が清算金の支払
又はその提供をせず、清算金がない旨の通知もしない
間であっても、譲渡担保権者に対し受戻権行使の利益
を放棄することにより清算金の支払を請求することが
できる(平28-15-イ)。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら


昨日の講義の急所と今日から6月! [司法書士試験・民法]



  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!

 昨日、5月31日(日)は1年コースのみなさんの民
法の講義でした。

 みなさん、お疲れさまでした!

 昨日は、午前の講義では根抵当権、午後の講義では
質権と留置権を解説しました。

 根抵当はかなり重要なテーマなのですが、本番は不
動産登記法です。

 とはいえ、相続の問題や元本確定事由などは、今の
うちからよく復習はしておいてください。

 それ以外ですと、やはり留置権ですね。

 留置権はよく出ますから、ここを優先的に復習して
おくといいですね。

 また、留置権は条文も大事です。

 しっかりと条文も確認するようにしてください。

 では、過去問です。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 不動産質権の設定は、抵当権と異なり、現実の引き
渡し、簡易の引き渡し、占有改定などの方法によって
債権者に目的物を引き渡すことによって効力を生ずる
(平20-13-イ)。

Q2
 Aからその所有するカメラをBが借りていた場合に
おいて、CがBからそのカメラの修理を有償で依頼さ
れ、その引渡しを受けたときは、Cは、Bに対する修
理代金債権に基づくそのカメラについての留置権を主
張して、AのCに対するカメラの引渡請求を拒むこと
ができない(平27-12-イ)。

Q3
 A所有の甲土地をBがCに売却して引き渡した後、
甲土地の所有権を移転すべきBの債務が履行不能となっ
た場合、Cは、履行不能による損害賠償請求権に基づ
く甲土地についての留置権を主張して、AのCに対す
る甲土地の引渡請求を拒むことができる(平27-12-
ウ)。

Q4 
 AがB及びCに対して土地を二重に譲渡し、Bが当
該土地を引き渡したが、Cに登記名義を移転した場合
において、CがBに対して当該土地の引渡しを要求し
たときは、Bは、Aに対する損害賠償請求権に基づい
て、当該土地について留置権を主張することができる
(平22-12-ア)。

   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら


前の10件 | - 司法書士試験・民法 ブログトップ