So-net無料ブログ作成
司法書士試験・不登法 ブログトップ
前の10件 | -

今回から不動産登記法へ。そして、次回の日程。 [司法書士試験・不登法]




  復習 民法(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!

 昨日、7月4日(木)は、1年コースのみなさんの不動産登記法

講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!

 前回で民法も終わり、今回からいよいよ不動産登記法に入ってい
きました。

 
 そして、昨日は、共同申請主義から、添付情報の途中までを解説
しました。


 まずは、どうして共同申請主義の原則をとっているのか、その趣
旨をよく理解しておいてください。

 そして、添付情報に関しては、どういう場面で誰のものを、また、
それは何のために提供するのか、ということをよく理解しておいて
ください。

 たとえば、登記識別情報や印鑑証明書は、どういう場合に、誰の
ものを提供するのか。

 住所を証する情報は、どうか。

 このあたり、よく整理しておいて欲しいと思います。

 また、法定代理人が申請する場合、印鑑証明書や住所を証する情
報は誰のものを提供するのか、という点も確認しておいて欲しいと
思います。

 このあたり、最初はなかなかイメージ掴みにくいとは思いますけ
どね。

 何はともあれ、昨日の講義の範囲のテキストの記載を、改めて、
読み込
んでおいてください。

 初めて学習する科目は、テキストをしっかりと読み込むことが大
事ですからね。

 では、いつものように過去問をピックアップしておきますが、今
日は、引き続き民法の過去問を確認しましょう。

 久しぶりの担保物権です。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 担保すべき元本の確定すべき期日の定めがない場合、根抵当権者
は、時期を問わず、担保すべき元本の確定を請求することができる
が、根抵当権設定者は、時期にかかわらず、担保すべき元本の確定
を請求することができない(平22-15-イ)。



Q2
 根抵当権者は、元本確定期日の定めがない限りいつでも根抵当権
の元本の確定を請求することができ、元本の確定後に根抵当権の被
担保債権の全部を譲り受けた者は、当該根抵当権を実行することが
できる(平18-16-イ)。



Q3
 元本の確定後の被担保債権の額が根抵当権の極度額を超えている
場合において、抵当不動産の第三取得者は、根抵当権者が極度額に
相当する金銭の受領を拒んだときは、同額の金銭を供託して根抵当
権の消滅を請求することができる(平16-15-オ)。



Q4
 元本の確定後においては、根抵当権設定者は、その根抵当権の極
度額を、現に存する債務の額と以後2年間に生ずべき利息その他の
定期金及び債務の不履行による損害賠償の額とを加えた額に減額す
ることを請求することができる(平29-14-エ)。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


久しぶりの不動産登記法 [司法書士試験・不登法]




  復習 不登法・総論(カテゴリー別・リンク)



 おはようございます!


 昨日は、過ごしやすい1日でしたが、今日は、昨日より寒くなるみたいですね。


 引き続き、体調管理には気をつけて過ごしましょう。


 ということで、早速ですが、いつものように過去問を通じて、復習をしておきましょう。


 今回は、久しぶりの不動産登記法ということで、登記識別情報に関する問題です。

     ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(過去問)

Q1
 AからBへの所有権の移転の登記が抹消された場合には、Aに対し、新たに登記識別情報が通知される(平23-12-ウ)。


Q2
 A株式会社が抵当権の登記名義人である甲土地につき、A株式会社からB株式会社への合併を登記原因とする抵当権の移転の登記の申請と、弁済を登記原因とする当該抵当権の抹消の登記の申請とが連件でされた場合には、B株式会社に対して登記識別情報は通知されない(平27-12-4)。


Q3
 AとBの共有の登記がされた不動産について、Aのみを所有者とする所有権の更正の登記がされた場合には、Aに対して登記識別情報が通知されない(平20-13-ウ)。
 

Q4
 AからBに対する売買を登記原因とする所有権の移転の登記がされた後、登記名義人をB及びC、各持分を2分の1とする所有権の更正の登記を申請した場合において、当該所有権の更正の登記が完了したときは、登記識別情報は、Cには通知されるが、Bには通知されない(平22-13-イ)。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


不動産登記法第25回 合流そして予告 [司法書士試験・不登法]



  1年コース・不登法(カテゴリー別・リンク)



 9日の水曜日は、台風の影響が心配なところですが、どうでしょうね。


 今のところ、ここ名古屋は穏やかです。


 ちなみに、水曜日は講義はお休みです。


 一応、台風の影響がさほどでもなければ、学習相談は予定どおり受け付けますが、場合によっては、学習相談はお休みとさせていただくかもしれません。


 その点、ご了承ください。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 さて、9月8日(火)は、1年コースの不動産登記法第25回目の講義でした。


 受講生のみなさん、お疲れさまでした!


 不動産登記法の講義も、これで終了です。


 講義の最後にも話したとおり、今後、できる限り記述式の問題にも取り組んでみてください。


 その際のポイントは昨日の記事(→リンク)にも書いていますので、参考にしてみてください。


 また、まだ講義が消化できていないなど、そういう場合は、焦らず、まずは講義を消化することを優先しましょう。


 焦りは禁物ですからね。


 自分のペースで、できるところからこなしていってください。


 では、今回の講義のポイントを列挙しておきます。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら


パターンマスター最終回 記述式問題に取り組もう [司法書士試験・不登法]



  20か月コース・不登法(カテゴリー別・リンク)



 最近、ファミリーマートの「1/2日分の野菜サラダ」にハマってます。


 少し前までは、セブンイレブンのサラダボウル(?)を食べてましたが、それが少し前までしばらく姿を消してました。


 なるべく、サラダはたっぷりと摂りたいんですよね。


 そこで、セブンのサラダが消えている間に、ファミマのサラダを食べてたら、こっちの方がいい!ってことで、ハマってます。


 ファミマのほうが、彩りもいいし、何か気に入っちゃいました。


 ただ、冷やし麺とかそういうのは、やっぱりセブンのほうが美味しいんですけどね。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 さて、9月7日(月)は、20か月コースのパターンマスター講座の最終回でした。


 かねてから告知のとおり、10日(木)からは1年コースと合流して会社法の講義がスタートします。


 不動産登記法がこれで一通り終わりましたけど、たぶん、この時点ではよくわかったようなわからないようなそんな状態じゃないでしょうか。


 むしろ、わからない感覚の方が大きいかもしれません。


 けど、それも、択一の過去問や記述式の問題を繰り返していくうちに、解消されていくと思います。


 そこは、今はこんなもんという感じで深く考えすぎず、わかるところから潰していきましょう。


 知識を確実にしていく要領は、民法と同じですしね。


 今回の記事では、記述式の問題の取り組みについて、簡単に触れておこうと思います。


 詳しいことは、また11月の演習講座で話していきますからね。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


不動産登記法第24回 不思議な感覚 [司法書士試験・不登法]


☆ 仮処分による失効

 登記の目的  何番所有権抹消
 原   因  仮処分による失効
 義 務 者  A
 申 請 人  X
 添付情報   通知をしたことを証する情報
        代理権限証明情報
 登録免許税  金1000円

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


  1年コース・不登法(カテゴリー別・リンク)



 今日、講義が終わって帰ってきてから、色々とやっている間に、いつの間にか寝てしまってました。


 2~3時間くらい寝てたんでしょうか。


 知らない間に寝てたのもあってか、ふと目が覚めた瞬間、何が何だかよくわからなかったですね(^^;


 夢も見てたので、てっきり朝かと思ったら、まだ外は暗いし、時間もまだ22時半前ってことで、そこで「ああ、寝ちゃってたのか」と気付きました。


 昼寝したときって、もう次の日の朝?とか、今日って何日?とか、そんな不思議な感覚になるってことありますよね。


 そんな感じでした。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 さて、そんな9月6日(日)は、1年コースの不動産登記法第24回目の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 今回は、処分禁止仮処分に、敷地権付き区分建物と、これまでほとんど馴染みのなかったようなテーマばかりだったと思います。


 少し前の20か月コースのときの記事でも書きましたが、仮処分では、どういう登記請求権を保全しているのかを意識することが大事です。


 仮処分には、必ず保全すべき権利が存在しますからね。


 仮処分債権者の求める登記、つまり、自らが実現したい登記は何かということをよく確認しましょう。


 また、敷地権付き区分建物では、まずは、分離処分禁止の原則とは何か、その登記記録の特徴の2点をしっかりと掴んでおきましょう。


 では、重要ポイントを列挙しておきます。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


不動産登記法第23回 効率のよい復習を心がけよう [司法書士試験・不登法]


 
  1年コース・不登法(カテゴリー別・リンク)



 ここ名古屋は、まるで梅雨時?と思ってしまうくらい、雨の日が続いています。


 昨日(2日)は、久しぶりにいい天気になったんですけどね。


 金曜日はどうでしょうか。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 さて、9月3日(木)は、1年コースの不動産登記法第23回目の講義でした。


 みなさん、お疲れさまでした!


 不動産登記は、総論分野での得点がカギを握るといいましたが、復習の進み具合とかいかがでしょうか。


 あと2回で不動産登記も終わりですが、最後の最後まで重要テーマが続きます。


 今回の仮登記もそうですし、どのテーマでもそうですが、試験で問われやすいポイントってありますよね。


 復習をするときは、そういう優先度の高いところを重点的に潰していく、というのが基本ですよね。


 全体的に満遍なくやろうと思うと、とてもじゃないですが、時間がどれだけあっても足りません。


 優先度の高いテーマ、かつ、その中でも自分がよくわからないと感じたところ、そこを常にチェックしながら講義を受けましょう。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 ここまで講義も進んでくると、自分なりのリズムもだいぶ掴めてきていると思います。


 もうすぐ会社法が始まりますし、この先、どんどん科目も増えていきます。
 

 科目が増えていくほど復習も大変になっていくと思いますが、重要度の高いところから復習することで、メリハリをつけていきましょう。


 そして、自分の復習ポイントをチェックすることで、効率よく復習を進めていきましょう。
 

 一杯一杯になりながら、この先も進んでいくと思いますが、僕のほうでもきっちりサポートしていきます(^^)


 では、今回の講義の重要ポイントを列挙しておきます。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 

続きはこちら


不動産登記法第25回 一区切り [司法書士試験・不登法]



  20か月コース・不登法(カテゴリー別・リンク)


 
 水曜日は、久しぶりに晴れましたね。


 ここのところ、ずっと雨が続いていただけに、気持ちよかったですよね。


 でも、また木曜日は雨の予報ですけどね。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
 さて、9月2日(水)は、20か月コースの不動産登記法第25回目の講義でした。


 1年コースより一足早く、不動産登記法が終了となりました。


 7日の月曜日にパターンマスター講座があって(これもこの日が最終回)、9月10日(木)からは、会社法です。


 ちょうど一区切りですよね。


 もちろん、ここから先もどんどん科目も増えていくので、より大変になっていくと思います。


 でも、ここまでお話ししてきたように、自分の復習ポイントを明確にしながら、その点を繰り返し復習していきましょう。


 では、今回の講義のポイントを列挙しておきます。


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


不動産登記法第23回 登記の専門家 [司法書士試験・不登法]



  1年コース・不登法(カテゴリー別・リンク)


 9月1日は、仕事の関係で、久しぶりに伊勢湾岸道を走ってきました。


 あ、もちろん、車でですよ(言わなくてもわかりますか笑)。


 伊勢湾岸道というと、開通当初は、全然車も走ってなくてガラガラだったことを思い出します。新聞にも載るほどでした。


 というのも、当時は、本当に中途半端な範囲しか開通していなくて、高速道路としてあまり使えなかったんですよね。


 その分、貸し切り状態のようなな感じで走ることができて快適でした♪


 当時はロードスターに乗っていたので、5速全開で走ることができて、めちゃめちゃ気持ちよかったことを今でもよく覚えています。


 街中では、なかなか5速全開で走ることってできないですからね。


 そんなこと書くと飛ばし屋みたいですけど、基本的にヘタレなんで、100キロ超えるとビビります(笑)


 そんな当時を思うと、伊勢湾岸道も、かなり車の量が増えていました。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 さて、そんな思い出話に浸る9月1日(火)は、1年コースの不動産登記法の第23回目の講義でした。


 20か月コースのときの記事でも書いていますけど、ここから締めくくりまで、ずっと重要なテーマばかりが続きます。


 今日の講義のテーマでも、仮登記では、かなりテクニカルな問題がありましたよね。


 そう、仮登記の処分の登記です。


 実際、実務に出てから、仮登記の処分の登記を目にすることは多くないかもしれません。


 けど、仮登記はともかく、登記記録からどういう物権変動が生じているのか、その権利関係を正確に読み取ることは、ものすごく大事です。


 実際、銀行や不動産業者の担当さんから聞かれますからね。


 実務に出てから学ぶことも多いかもしれませんが、受験時代に勉強したことが、そういう時に生きてきます。
 

 今回の内容も、一度ではバシッと理解することは難しいかもしれません。


 そこは、講義でお伝えしたポイントを押さえながら、じっくりと理解できるようにしていってください。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら


不動産登記法第24回 もう9月です ◯◯の秋 [司法書士試験・不登法]



  20か月コース・不登法(カテゴリー別・リンク)



 日付変わりましたが、今日で8月も終わり、明日から9月です。


 9月含めて、今年も残りあと4か月かぁと思うと、1年って本当にあっという間ですよね。


 これから秋なので、まだまだ振り返るには早すぎますけどね。


 なるべく無駄に時間を費やさないようにしたいものですね。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 8月最後の31日(月)は、20か月コースの不動産登記法第24回目の講義でした。


 不動産登記法も、いよいよ次回が最終回です。


 そして、しつこいようですけど、9月10日(木)からは、会社法に入りまして、1年コースの人たちと合流します。


 スケジュールも、これまでと変わりますから、十分注意してくださいね。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 さて、今回の講義ですが、処分禁止仮処分と敷地権付き区分建物がメインテーマでした。


 仮処分は、民訴系をやってからまた振り返ると、より理解もしやすくなると思います。


 現状、仮処分の背後にある、自らが実現したい登記は何かということをよく意識しておくといいと思います。


 それを保全するための制度が仮処分ですから、そこがぼやけると、処分禁止仮処分ってよくわかんない、ということになってしまいますしね。


 ちなみに、このあたりを勉強すると、転ばぬ先の杖じゃないですが、何事も用心しておくに越したことはないなって、いつも思いますね。


 日常生活ではなかなかそれを意識するのも難しいですけど、実務の世界では、そのことを実感することも多いかもしれませんね(^^;


 では、今回の講義のポイントを列挙しておきます。


   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


続きはこちら


不動産登記法第21回 判決による登記等とミスチルライブ [司法書士試験・不登法]



  1年コース・不登法(カテゴリー別・リンク)



 確かナゴヤドームだったはずですが、この土日は、ミスチルのライブがありました。


 僕の知り合いがチケットに当選して行ってきたみたいで、最高のライブだったようです。


 行けた人、うらやましいですね!


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 さて、そんな8月30日(日)は、1年コースの不動産登記法第21回目の講義でした。


 考えてみたら、8月も明日で終わりなんですね。早いもんです。


 不動産登記法も、もうすぐ終わって、次は会社法です。


 以前も告知したように、会社法から20か月コースと1年コースが合流します。


 特に、20か月コースの方は、スケジュールが変わってきますから、注意してください。


 では、今回の講義の重要ポイントを列挙しておきます。


 なお、今回は、20か月コースの講義の時の記事で書いたポイントを少しアレンジしたものを列挙しておきます。


    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

続きはこちら


前の10件 | - 司法書士試験・不登法 ブログトップ